| 誤解を与えてしまった点について
21894
page,page-id-21894,page-template-default,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,columns-3,qode-theme-ver-10.0,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive

誤解を与えてしまった点について

3つのセミナーが混在していたこと、協会の口座が別名義であったことにより、皆様に誤解を与えてしまうこととなり大変ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

セミナーの名称と主催者について

(主なセミナー)

日本ひろのば協会認定セミナー:協会主催。歯科関係者以外でも受講できるようにしたもの

足と姿勢と咬合セミナー:湯浅慶朗主催。歯科医院専門に特化したセミナー

ソックスアドバイザーセミナー:有限会社みらいサポート主催。主に靴下の使い方などを学ぶためのもの

入会金及び協会認定のセミナーの振込銀行口座が別名義の法人になった経緯

  1. 2016年1月、湯浅が自宅隣に部屋を借り、そこを協会の所在地として登記する
  2. 同年6月末日に協会の所在地であった部屋を解約し、協会の所在地を東京へ移転する
  3. 同年7月22日に楽天銀行へ協会の銀行口座開設申込 ⇒ メールあり
  4. 同年8月5日に協会の口座開設手続きが完了。⇒ メールあり
  5. 楽天銀行から「Thank You レター」が転送不要の簡易書留郵便が登記上の協会所在地宛てに発送される。
  6. 登記上の協会所在地は既に解約済みのため、転送不要の簡易書留郵便である「Thank You レター」を受け取れず。この「Thank You レター」を受け取らないと口座を利用できなかった。⇒ メールあり
  7. 最終的に口座を開設して利用するためには登記上の所在地の変更登記が必要だった。それまでの暫定的な措置として、協会移転先である理事が代表取締役を務める法人の口座を振込先として指定した。

協会HPなどにクリニック名等を使用していると指摘された点について

クリニック名や個人名を不正に無断使用し、利用することで入会希望者を募っていたとありました。
私自身の個人名と協会名のみで募集をしておりました。
メールの内容にも一切無断使用や不正使用などはしておりません。

協会が発行する認定証にクリニック名等が記載されていると指摘された点について

協会の発行する認定証にクリニック名や院長名を不正に無断使用していたとありました。
私自身の個人名と協会名のみの記載しかしておりません。

わたくし個人が主催していたセミナーの認定証です。
こちらは、協会主催セミナーの認定証とは異なります。